広島カープと楽天イーグルスのことをデータを交えて書きます。勉強している統計学のこともちょっと書きたいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

阪神打線はどれくらい調子が悪いのか?

こんにちは、カープファン学生です。

試合は雨天中止になってしまいましたね。
ナイターが終わる時間は、こちらの早朝なので、
ネットで雨天中止の文字を見てから少し二度寝してしまいました。

というわけで、今回は、今季これまでの阪神打線の得点力を、去年の阪神打線と比べてみようと思います。
カープは去年と比べてかなり好調でしたが、阪神の方はどうだろう、というわけです。

阪神はこれまで22試合しています。4月に15試合、5月に入って7試合です。
去年の阪神については、前半戦85試合のデータから、

平均得点数=-1.48+0.54*出塁数

という関係を得ていました。
(なお、出塁数=その試合の合計打者数-(合計イニング数*3)、で計算しています)
ちなみに各試合ごとの出塁数は12.2、得点は5.1で、
去年のカープは、この強力打線に散々苦しめられましたね。

今季の阪神の各試合における出塁数をもとに、
去年くらいの平均得点力があれば、何点くらい取れるかを推定し、
実際の得点数との違いを見てみます。

以下のグラフをご覧ください。

HanshinOnbase-20100509.jpg


グラフの横軸は、開幕してからの何試合目かをあらわしています。
4月は15試合、5月に入ってからは7試合ありました。
縦軸は、各試合ごとの

実際の得点数-平均得点数

で、各試合の平均得点数は、出塁数を上記の計算式に代入して得た数値です。
これがプラスに大きいほど、「去年より効率的に得点している」ということになり(グラフの白丸の部分)、
マイナスに大きいと、「去年より非効率」ということになります(グラフの黒丸の部分)。

グラフからわかるように、多くの試合において、去年よりも得点効率が低いです(22試合中14試合)。
どれくらい低いかというと、同じ出塁数でも、去年より20%くらい得点が少ない、という感じです。

さらに、得点効率だけでなく、出塁数そのものも低いです。
去年は、毎試合12出塁程度はしていたのが、今季は9.6出塁。
「そもそも出塁ができなくなってる上に、出塁してからの得点効率も悪い」という2重の苦しみになっています。


なお参考までに、グラフの一番下のところに、阪神の対戦相手を書いてあります。
カープ戦5試合のうち、4試合は去年より低い得点効率になっており、
カープとしては随分楽に戦わせてもらっています。
逆にいえば、この5試合は決して阪神打線は本調子ではなかった、ということです。
今後も、十分に注意が必要だと思います。


それでは、今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です、またクリックいただけるとありがたいです(↓)
雨天中止の影響で、今日の先発は読みにくいですね?
スライドして福井か、または当初の予定通り篠田か?がんばってほしいですね!

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ



スポンサーサイト
  1. 2011/05/11(水) 00:39:46|
  2. 得点力分析
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011カープの得点力を、去年と比較してみました

こんにちは、カープファン学生です。
今回は、去年と今年のカープの得点力を比較してみようと思います。

去年については、以前、前半戦86試合のデータをもとに、

平均得点数=-1.49+0.49*出塁数

という関係を推定しました。
(なお、出塁数=その試合の合計打者数-(合計イニング数*3)、で計算しています)
今回は、とりあえずこれを使ってみましょう。
ちなみに、86試合の平均出塁数は11.0、平均得点数は4.0でした。

今季のカープの各試合における出塁数をもとに、
去年くらいの平均得点力があれば、何点くらい取れるかを推定し、
実際の得点数との違いを見てみます。

以下のグラフをご覧ください。

CarpOnbase-20110509.jpg


このグラフの横軸は、開幕してからの何試合目かをあらわしています。
4月は16試合、5月に入ってからは6試合ありました。
縦軸は、各試合ごとの

実際の得点数-平均得点数

で、各試合の平均得点数は、出塁数を上記の計算式に代入して得た数値です。
これがプラスに大きいほど、「去年より効率的に得点している」ということになり(グラフの白丸の部分)、
マイナスに大きいと、「去年より非効率」ということになります(グラフの黒丸の部分)。

グラフからわかるように、多くの試合において、去年よりも効率的に得点しています(22試合中15試合)。
どれくらい効率的かというと、同じ出塁数でも、今年は10%くらい多く得点している、という感じです。

面白いことに、出塁数自体は、この22試合では去年とそれほど変わりません。
よって、去年と今年で打線に違いがあるとすれば、「よく打つようになった」
というよりは、「(同じような出塁数で)効率的に得点できるようになった」ということだと思われます。

これが、単なる偶然なのか、カープ打線に構造的な変化が起こったのか、については、
いまのデータからはわかりませんので、皆様のご想像にお任せします。
また、今季のデータが少ないことから、そもそも統計的に有意な形で効率性があがったのかもよくわかりません。
(わかりませんというか、やってないだけなのですが、
 それは前半戦が終わったくらいでちゃんとやります……)
今後どのようなデータが出てくるのか、これからも注目していこうと思います。


それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です、またクリックいただけるとありがたいです(↓)
阪神戦初戦は篠田でしょうかね?がんばれー。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

  1. 2011/05/10(火) 00:12:35|
  2. 得点力分析
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月の得点効率と勝敗の関係を振り返る!

こんにちは、カープファン学生です。

今日は試合がないので、つまらないですね。

昨日までの4試合くらいで、カープが随分と効率のいい得点の仕方をしていたので、
8月全体ではどうかなあ、と思い、ちょっとまとめてみました。
(本当は後半戦全体とかも見たかったのですが、それはまたオフにでも)

まず以下の表を見てください。

August0.jpg

この表の横軸は、8月の日付(試合があった日のみ)です。
8/1から8/29まで、全24試合あり、あとは8/31の1試合を残すのみです。

縦軸は、[実際の得点数]-[平均得点数]です。
ここでいう「平均得点数」とは、その試合の出塁数をもとに、
今季のカープ打線の平均得点数をデータから推定したものです。
具体的には、いつもやっている通り、

平均得点数=-1.49+0.49*(出塁数)

を用います(この式自体の導出に興味のある方は、<こちら>をご覧ください)。

この平均得点数は、その試合の出塁数から推定される、いわばカープの潜在的な得点能力の指標です。
(正確には、この式は前半戦86試合のデータをもとに導出したものなので、
 いわばカープの前半戦時点での得点能力の指標です)

これと実際の得点数との差を見ることで、「その試合、効率的に得点できたか否か」
を見ることができます。
実際の得点数の方が大きければ、効率的に得点できた、
実際の得点数の方が小さければ、非効率的にしか得点できなかった、という具合です。

[実際の得点数]-[平均得点数]の推移は赤線で示しています。
まず気づいていただけることは、大体この赤線は0を中心に上下していることです。
このことは、「-1.49+0.49*(出塁数)」といういつもの式が、
カープの平均的な得点能力を見る上で、大体妥当なものであることを示唆しています。

もう少し細かく見ると、8月中旬の中日3連敗の頃は、やたらと得点効率が悪かったこと、
そして、ここ最近4試合は、岩本などの長打攻勢により、やたらと得点効率がいいことも、わかります。

この赤線上に、白丸ないし黒丸が付いていますが、これはその日勝ったか負けたかです。
効率的に攻撃しても負ける日もあれば(例えば昨日8/29の巨人戦)、
逆に非効率でも勝てる日もあります(篠田天谷の「涙」の8/17、嶋が球児打ちをした8/24など)
が、全体的には、効率的に攻撃できた日のほうが勝ちが多く、そうでない日は負けが多いです。
実際、8月は(29日時点で)実は12勝12敗の勝率5割なのですが、

効率的に攻撃して勝ち=9試合
効率的に攻撃して負け=4試合
非効率に攻撃して勝ち=3試合
非効率に攻撃して負け=8試合

となっています(わずか24試合のことなので、十分な量のデータとは言えないですが)。

ちなみに、どの試合がどんなだったかを思い出したい方のために、
(カープファン学生の独断による)主なイベントを追記した表も、以下に載せておきます。

August.jpg

さて、8月残る1試合は中日戦。
鬼門のナゴヤドームですが、ぜひ長打攻勢による効率的な攻撃を展開して、
8月勝率5割超えを実現してほしいですね!

では、今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です、またクリックいただけるとありがたいです。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

  1. 2010/08/31(火) 01:18:44|
  2. 得点力分析
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤクルト打線の得点力分析:この3連戦、総失点数22点。その原因は?

こんにちは、カープファン学生です。

ヤクルト戦は終わってしまいましたが、
今季ヤクルト打線の、出塁数と得点数の関係を見ておきましょう。

この3連戦(8/17,18,19)で、ヤクルトに許した総失点数は22点(1点、14点、7点の順)。

平均失点数7点以上で、1勝2敗。
よく3連敗しなかったものですが、いずれにせよ、これは明らかに取られすぎです。

この原因は何だったのか?
ヤクルトに出塁を許しすぎたのか、または少ない安打数で効率的に攻撃されたのか?
四球が多かった印象があるが、それを減らすことで、どの程度失点を減らせたのか?

ヤクルト打線の出塁数と得点数の関係を導出することで、
そのあたりのことについても、見ていきたいと思います。


まずは以下の表を見てください。
今季前半戦の、ヤクルト打線の出塁数と得点数の関係は、以下の表のようになっています。

OnBase(Swallows).jpg

例えば、出塁数5で得点数0だった試合が1試合、出塁数13で得点数1だったのが2試合、
という具合で見てください。
なお、出塁数は、その試合の打者数-3*イニング数、と計算されます。
例えば打者40人で9イニング攻撃した場合は、出塁数は40-27=13、と計算されます。
野球統計でいういわゆる出塁率とは、概念が異なりますのでご注意ください。

前半戦は、あまりぱっとしない感じのヤクルト打線でしたが、
それでも1試合あたりの平均出塁数は11.4で、これは他球団と比べても遜色ありません。
(ちなみにカープは11.0、トップは阪神の12.2、最下位は横浜の10.7です。
 ……案外どのチームも似たりよったりですね?個人的には意外でした)

1試合あたりの平均得点数は3.8点で、これもセリーグでは平均的な感じです。
(ちなみにカープは4.0、トップは阪神の5.2、最下位は横浜の3.6です。
 ……これも思ったほど差がありませんね。オフになったら後半戦の記録も取ってみたいです)


では、出塁数ごとの平均得点数ではどうでしょうか。
上のデータをもとに、回帰分析を行うと、以下のような結果を得ます。

平均得点数=-2.67+0.57*出塁数

大体1点取るのに6or7出塁必要で、4得点するのに11or12出塁、
7得点するのに17出塁必要、という感じになっています。

OnBase(Swallows)2.jpg

カープの場合は、だいたい1点取るためには5出塁必要で、
4得点するのに11出塁、7得点するのに17出塁必要、という感じですから、
大体同じような得点効率ではありますが、低い出塁数ほどカープの方が得点効率がよい、という感じです。
(そういえば、あの頃まだカープは4位でしたね。懐かしい……)

OnBase(Carp-Swallows).jpg

ところで、この3連戦、ヤクルトの出塁数と得点数は、以下のようでした。
(カッコ内は、出塁数を上記の式に当てはめた場合の値、
 つまり、その出塁数における、今季前半戦の平均得点数です)

8/17:出塁数=5、 得点数=1、 (平均得点数=0.18)
8/18:出塁数=26、得点数=14、(平均得点数=12.15)
8/19:出塁数=17、得点数=7、 (平均得点数=7.02)

これを見ると、ヤクルトはこの3連戦、平均と同程度か、やや効率的に得点したことが伺えます。
ただ、それにも増してカープが得点できなかったので、後半2戦はどっちにしても負けていたでしょうが。

ではどうすれば勝てたのか?
もちろん、大きな話をすれば、補強やら首脳陣のゴニョゴニョやら、ということになるかもしれませんが、
とりあえず直近で実践できそうなのは、やはり投手による四球の減少努力でしょう。
この3試合で与えた四球数と、それがなかった場合の(単純計算による)平均得点数は、
以下のようになります。

8/17:四球数=1、無四球の場合の平均得点数<0
8/18:四球数=3、無四球の場合の平均得点数=10.44
8/19:四球数=4、無四球の場合の平均得点数=4.64

まあ2戦目はどのみち負けていたでしょうが、
3戦目は、四球によって単純計算で2点近くも(平均的な意味で)失点を防げたことになっており、
勝てる可能性も、それなりに高くなっていたのではないかな、と思われます。
(ちなみに3戦目のカープは2得点でした)


さて、これで6チームすべてについて、今季前半戦の出塁数と得点数の関係を見たわけですが、
案外、各チームの平均出塁数に差がないことは、個人的には興味深い発見でした。
(1試合あたりの平均出塁数は、上から順に、
 阪神12.2、巨人11.9、ヤクルト11.4、カープ11.0、中日10.9、横浜10.7)

トップの阪神と、最下位の横浜を比べても1.5しか違いません。
このことからも、四球によって1出塁を相手チームにあげることが、大きな損失であることがわかります。
また、今季不調な横浜との、今日からの3連戦も、相手を侮ると痛い目を見る、ということでしょうか。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

  1. 2010/08/20(金) 17:00:03|
  2. 得点力分析
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日の阪神線の後は中日戦!…というわけで、中日打線の得点力分析

こんにちは、カープファン学生です。

明日から、ちょっと遠出してきますので、しばらくブログ更新が滞るかもしれません。
ただまあ、一応ノートパソコンは持っていくので、データは取れるし、
あわよくば更新もできるかなあと考えています。

それでも、いつもの試合分析の短い版で、手一杯になると思うので、
今日のうちに、来る中日戦に備えた中日打線分析をやっておこうと思います。


中日打線、特に和田には、かなり打たれまくっている印象のある中日ですが、
今季前半戦の、中日打線の出塁数と得点数の関係は、以下の表のようになっています。

OnBase(Dragons).jpg


例えば、出塁数1で得点数0だった試合が1試合、出塁数11で得点数6だったのが4試合、
という具合で見てください。
なお、出塁数は、その試合の打者数-3*イニング数、と計算されます。
例えば打者40人で9イニング攻撃した場合は、出塁数は40-27=13、と計算されます。
野球統計でいういわゆる出塁率とは、概念が異なりますのでご注意ください。

巨人、阪神なみに点を取っているのかなあと思っていた中日ですが、
意外に得点数の低い試合が多いですね。
前半戦全試合の平均出塁数が10.9、平均得点数が3.7なのですが、
カープの方は、平均出塁数は11.0、平均得点数は4.0ですから、
むしろカープの方が得点が多いです。

出塁数ごとの平均得点数ではどうでしょうか。
上のデータをもとに、回帰分析を行うと、以下のような結果を得ます。

平均得点数=-1.66+0.49*出塁数

大体1点取るのに5or6出塁必要で、4得点するのに11出塁、
7得点するのに18出塁必要、という感じになっています。

OnBase(Dragons)2.jpg


カープの場合は、だいたい1点取るためには5出塁必要で、
4得点するのに11出塁、7得点するのに17出塁必要、という感じですから、
カープの方が、中日よりも得点効率がよい、という結果になっています。
(2つの直線を並べた限りでは、カープが上というよりは、ほとんど同じ、という感じですが)

OnBase(Carp-Dragons).jpg

ただ、中日の場合、対カープ戦ではもっと打っているような感じがしますので、
この結果だけを見て楽観することはできないとは思いますが、
それでも巨人や阪神に比べると、勝機は十分あるような気がします。

打たれているという印象の強い中日打線ですが、
このデータをもとに、投手陣には、強気で攻めの投球をしてもらいたいですね。


それでは、今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です、またクリックいただけるとありがたいです。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
  1. 2010/08/12(木) 08:01:02|
  2. 得点力分析
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ


ブログランキングに参加しています。
クリックいただけるとありがたいです。 ↓
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

プロフィール

カープファン学生

Author:カープファン学生
大学で統計学を勉強しているので、それを使って、カープや楽天の選手のデータを眺めたりしていきたいです。

自分の備忘録もかねて、授業で習った内容を野球に応用して書いてみる、ということもやってみれたら面白いかなあと思っています(できる範囲で・・・)。

アメリカに住んでいるので、日本の野球はリアルタイムではなかなか見られませんが、試合の記録などを書きとめていければと思っています。

そんなカープファン学生をよろしくお願いします。コメント大歓迎です。

twitterを始めてみました。カープファン学生(carpfangakusei)です。こちらもよろしくお願いします!

カテゴリ

試合記録目次(2011) (1)
試合記録目次(2010) (1)
試合記録 (253)
先発:福井投手 (18)
先発:バリントン投手 (31)
先発:前田健太投手 (49)
先発:スタルツ投手 (12)
先発:ジオ投手 (20)
先発:篠田投手 (24)
先発:斉藤投手 (15)
先発:ソリアーノ投手 (8)
先発:今井投手 (15)
先発:大竹投手 (24)
先発:中田投手 (5)
先発:今村投手 (9)
先発:野村投手 (20)
先発:戸田投手 (1)
先発:中崎投手 (1)
分析 (23)
統計分析入門 (4)
得点力分析 (9)
マエケンも人の子? (2)
リリーフ陣分析 (7)
カープ (40)
その他 (13)
未分類 (18)
他球団の投手も見てみよう (9)
2010.CSを少し見てみよう (7)
就職活動 (1)
フランス (2)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

powered by プロ野球Freak
powered by プロ野球Freak
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。