広島カープと楽天イーグルスのことをデータを交えて書きます。勉強している統計学のこともちょっと書きたいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

豊田投手、三振よりも凡打を取れる投手になってほしいです

こんにちは、カープファン学生です。
阪神戦は雨で中止になってしまいましたね。

今回は、最近までリリーフ陣の一員として活躍しながら、
登録抹消となってしまった豊田投手についてのデータをまとめてみたいと思います。

豊田の今季登板は、4/15、4/21、4/22、4/23、4/24の5試合でした。
4/21からの4連投も気になりますが、投げてなくても結局毎日肩を作っていたらしいということで、
そのあたりの疲労管理は、結局去年から何も変わってないということでしょうか……。
最終的には、4/24ヤクルト戦で、敗戦処理として9回に登板して2失点、その後降格となりました。

それでは、豊田の投球内容を見てみましょう。

Toyoda(0427).jpg

5試合登板、3+2/3イニングで2失点、打者15人に対して65球でした。
(毎回平均17.7球、打者4.1人、失点0.55点。打者ひとりあたり4.3球)
ペースはそれほどよくはないですが、毎回平均0.55点は、先発であればQSレベルですので、
少なくともイニングイーターとしては役目を果たしていてくれたと思うのですが……。

全投球のうち、ボール割合38%、四球は1と、ややボールが多いです。
球種別には、ストレートのボールが34球中14球(41%)と高いのが少し気になります。
このあたりを純粋に「調整」するための、一時的な登録抹消だと信じたいですが……。

全投球のうち、被安打は4球(6%)、凡打は6球(10%、犠打含む)で、少し凡打率が低いでしょうか。
三振が4つあるということで、本人は三振を取る投球をしたいのかもしれませんが、
年齢的に疲労が蓄積しやすいことも考えると、個人的には、
もっと変化球を増やして、打ち取る投球をしてほしいです。

せっかく、フォーク、カーブ、スライダーにカットボールと、多彩な変化球があるのに、
全投球の52%がストレートで、しかもそのボール割合が高いとなると、
どうしても球数が増えてしまいますので。


というわけで、以上、豊田投手の投球分析でした。
今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です、またクリックいただけるとありがたいです(↓)
豊田投手、きっとまた、この先一軍昇格の機会があるはずですので、
それまでに、「シーズン通して」投げられる方法論を自分の中で確立して、戻ってきてほしいです!

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

スポンサーサイト
  1. 2011/04/27(水) 23:36:18|
  2. リリーフ陣分析
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011/4/25時点での、青木の投球内容まとめ

こんにちは、カープファン学生です。
2週間終わって、早くも登板過剰気味のあるリリーフ陣ですが、
今回は、その中でも大車輪の働きをしている青木について、投球内容をまとめてみたいと思います。

まず、4/12の開幕戦での登板に始まり、4/13、4/15、4/16、4/17、4/19、4/21、4/23、4/24と、
全部で9試合に登板しています。4/25現在、全12球団のうちで最多登板試合数です。

青木の投球内容をまとめた表を見てみましょう。

Aoki(zentai).jpg


7+2/3イニングを投げて2失点、打者27人に対して99球を投げています。
(毎回平均12.9球、打者3.5人、失点0.26点。打者ひとりあたり3.7球)
先日、被本塁打があったものの、全体的には3939ペースで投球できていると思います。

全投球99球のうち、ボール割合28%と、かなりストライク先行の投球です。
三振も7つあり、四死球は0です。
被安打は6球(6%)、凡打14球(14%)ということで、全体的に打たせて取る投球ができています。

球種別には、大体ストレートとカーブを半々、それに他の変化球を混ぜて投げる、という感じです。
いろんな球種を投げることで、打者に狙いを絞らせない投球だと思うので、
逆にいえば、狙いがたまたま当たれば先日の本塁打のようにもなります。
たまに失点があることは、本人も首脳陣も、承知のうえで投げるようにしてほしいですね。

参考までに、これまでの青木の投球内容を、試合別に表にしてみました。
(表は長いので、この記事の一番下にあります)

投げる日によって、ストレートを主体にしたり、カーブにしたりと、色々と変化をつけています。
ボール割合も日によって変化がありますが、全体的には低めに抑えていて、いい感じです。

球速の推移を見る限りでは、まだ疲労がたまっているわけではないかもしれませんが、
シーズンを通してこの投球ができるように、ぜひ首脳陣には、
登板試合の分散を徹底してほしいと思います。
(と、書いてるそばから豊田が2軍に行ったりしてますが……)

ランキングに参加しています。クリックお願いします!

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ



Aoki(Kobetsu).jpg


  1. 2011/04/26(火) 00:38:32|
  2. リリーフ陣分析
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ここ22試合の、梅津投手の投球分析!

こんにちは、カープファン学生です。
予告どおり、梅津の投球についての分析をしてみようと思います。

これに先立ち、数時間前にようやく、一部映像の見れたカープファン学生ですが……
昨日の試合はいくらなんでも、何というか……
せめて、新井の頭部付近に投げて警告試合になってしまった時点で、
交代させてあげられなかったんでしょうか?
(あの時点でベンチには、横山、チューク、斉藤(なぜ?)がいたようです。
 横山は連投制約があるにしても、チュークは出してもよかったと思うのですが)

プロとはいえ、人間なのですから、それなりの結果を出すには、
結果を出せるだけの精神状態が必要であり、
その精神状態を作ってあげるのが、管理者という別のプロの仕事だと思うのですが……。


と、思わず前置きが長くなってしまいました。
それでは、まずは梅津の登板記録について、まずは振り返ってみたいと思います。

0825Umetsu01.jpg

上の表は、今季の梅津の登板について、簡単にまとめたものですが、
このブログをはじめてからのデータのまとめですので、最初の登板は6/12西武戦になります。
(簡単にする前の表は、長いので、一番下の「続きを読む」のところに貼り付けておきました。
 本当に長いので、心して見てください……)
なお6/12の登板は、梅津にとって今季21試合目の登板(一番左の列)でした。
3列目は、前回登板から中何日での登板だったかで、6/12は中1日での登板でした。
7回裏に登場して、打者1人を3球で抑え、この日の役目は終わり。
試合は6対2でカープの勝ち、梅津は失点自責点0、通算防御率3.79でした。

こうしてみると、交流戦あたりまでは、勝ち試合にワンポイントで登板、
という役割だった梅津ですが、徐々に負け試合の、しかもイニングまたぎの登板が増えています。
(これは邪推ですが、6/22の阪神戦6失点で首脳陣が見切ったのかな?と思ったり。
 ちなみに6失点とはいえ自責0なので、記録上は梅津の責任ではないのですが)

特に、前回(8/18ヤクルト戦)と前々回(8/19ヤクルト戦)は、連投なうえに、
ともにイニングまたぎでの登板。
8/18は打者10人に30球1失点、8/19は打者8人に32球で無失点、と、
かなり球数を投げながらも、失点を抑えてよく投げていました。

それもあって中5日空いたのでしょうが、そこで昨日の悲劇ということになりました。

表の一番下の行は、6/12以降の合計です。
17イニング投げて、打者86人に対して313球、失点22、自責点16となっています。
今季交流戦の終わりから昨日まで313球投げて、うち昨日だけで55球です。
どれだけ昨日の球数が多かったかがわかります。

昨日を含めた313球で、毎回平均18.4球、打者5.1人、失点1.3点、自責点0.94点。
打者ひとりあたり3.6球でした。
昨日の55球を除くと、16イニングで打者74人に258球、失点12、自責12、なので、
毎回平均16.1球、打者4.6人、失点自責点0.75点。打者ひとりあたり3.5球となります。


それでは、次に梅津の投球内容を詳しくみていきましょう。
まずは、6/12以降の313球すべてをまとめた、以下の表をご覧ください。

0825Umetsu02.jpg

梅津の投球では、全投球のうち、ボール割合は36%です(死球含む)。
四死球12(うち敬遠1)は多く見えるかもしれませんが、これは313球全部の合計だからです。
例えば100球あたりに換算すると、3.5個となります。
参考までに、ここ3試合でまえけんは2.7個、篠田2.4個でした。
(3試合でまえけんは338球、篠田は339球になるので、3試合としました。
 まあ、まえけんは不調期の数字ということになりますが、
 好調期は比較対象としては参考にならないので、いいでしょう)

よって、四死球は、まえけん篠田より高い数字ですが、
リリーフ陣は強打者と当たる確率が高いので、そこは勘案すべきでしょう。
実際、「続きを読む」のところにあげた表に、梅津と対戦した打者一覧がありますので、
興味をもたれた方は見てみてください。

被安打は、全体で8%(うち長打3%)です。一方で、凡打は12%でした。

ここ3試合で、まえけん被安打6%(うち長打2%)、凡打12%。
同じくこの3試合で、篠田被安打6%(うち長打3%)、凡打15%でした。
これも強打者とあたる確率を考えれば、梅津の数字は、さほど高いとはいえないと思います。

球種別に見てみましょう。
梅津はストレートとスライダー中心の投手で、あとはシュートを12%ほど投げています。
ストレートのボール割合は31%で、いい具合です。
ストレートは凡打になった割合も16%と高く、被安打は5%と低く、打たせて取る投球ができています。

一方、スライダーはボールが43%と、高いです。
凡打になった割合9%に対して、被安打10%で、あまりよくないです。
通算5本の本塁打のうち、3本はこのスライダーを打たれています。
スライダーはストレートとともに軸になる球種ですので、ここの制球は今後の課題でしょうか。

シュートはボール割合27%で、攻めの球種になっています。
被安打も11%ありますが、凡打になるのも14%あり、基本的には打たせて取れていると思います。


さて、次の表は、昨日の55球を投げる前の、梅津の投球内容です。

0825Umetsu03.jpg

全投球中のボール割合など、あまり変わったところはないのですが、
もっとも大きく変化しているのは、被安打割合と凡打割合です。
全258球のうち、被安打は6%(うち長打は2%)で、凡打15%(犠飛、エラー出塁含む)でした。
ここ3試合のまえけんは被安打6%(うち長打2%)、凡打12%。
篠田は被安打6%(うち長打3%)、凡打15%だったので、
むしろこの3試合の両投手よりも、よい数値になっています
繰り返しになりますが、リリーフ陣は強打者とあたる確率が高いことを考慮すれば、
この被安打の少なさは、むしろすごいことだと思います。

球種別には、ストレートやシュートの項目はほとんど変わらないのですが、
スライダーはボール割合がやや増えて46%になります。
一方で、被安打は8%に減り、凡打が10%に増えます。
逆に言えば、昨日は、真ん中に入ったスライダーを打たれるケースが多かった、ということですね。


さて、ここまでの議論を整理すると、
今季6/12以降の梅津は、スライダーの制球に不安がありつつも、
ストレートとシュートで攻めの投球をして、全体的には安定した、
打たせて取る投球をしていた、ということがいえると思います。
成績としては、ここ3試合のまえけん、ここ3試合の篠田と
同じような被安打、長打、そして凡打の割合を残しています。

まえけんや篠田が、初回から打たれまくって、投手交代もなく10点取られる……
というのは、想像したくもありませんが、昨日の梅津の登板は、ある意味ではそういう形だったわけです。
ブログでは、いつも粛々と試合記録をつけていこうと心に決めていたカープファン学生ですが、
昨日今日ばかりは、少し熱くなってしまいました……。


それでは、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です、よろしければクリックいただけると励みになります。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ



簡略化する前の、梅津の投球記録の表はこちら→ 続きを読む
  1. 2010/08/26(木) 14:44:17|
  2. リリーフ陣分析
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カープのリリーフ陣分析(3):9連戦での上野、中田、相沢の投球

こんにちは、カープファン学生です。

ついに公式戦が再開されるようですね。
リリーフ陣の9連戦評価企画も、今回で一応終わりです。
でも、個人的にも発見の多い企画だったので、またそのうち何かやりたいです。

では、今日は上野、中田廉、相沢の投球のまとめです。
まずは上野を見てみましょう。

ueno_1.jpg

9連戦の前には、中継ぎ、抑えとして優秀な成績をおさめていた上野ですが、
この9連戦では登板は2日のみでした。
7/14の横浜戦ではワンポイント的に投げて、内川に四球、村田を凡退に抑えています。
7/20の阪神戦では逆に、2本の本塁打で救援失敗してしまいました。
打者5人でアウトはひとつ、自責点が3ということで、
防御率を計算すると27.00になりますが、まあこの数字の解釈に特に意味はないでしょう。

投球内容は以下のような感じです。

ueno_2.jpg

18球なので特に分析めいたことはできないですが、
ストレートが多めで、そのストレートの制球がよくない、という感じです。
どちらかというと上野の場合は、この9連戦以前の投球を見てみたいですね。
上野というとシュートの印象があるのですが、いいときの上野が、
実際どういう風に変化球を構成してるのか、気になります。


では、次に中田を見てみましょう。

nakata_1.jpg

プロ初登板と、その2試合後に、どちらも中継ぎで1イニングずつ投げ、無失点に抑えています。
よって防御率は0.00なのですが、まあこれも数字に特に意味はないですね。

nakata_2.jpg

以前、プロ初登板の10球を表にしましたが、
さらに2試合目の9球を加えたものが上の表です。
フォークを二塁打にされていますが、それ以外はよく投げています。
これから登板数が増えていったときに、どういう投球になるのかが楽しみですね。


上野にしても中田にしても、投球数が少ないと、
あまり言えることがなくて少し物足りないですね……。
登板数順じゃなくて、50音順で分析記事書けばよかったかな……。
では最後に相沢を見てみましょう。

aizawa_1.jpg

2/3イニング投げて自責点0なので、防御率は0.00ですが、この数字にも特に意味はありません。
相沢も9連戦以前に登板がそれなりにあったと思うので、いずれまとめてみたいです。

19球なので、あまり詳しく投球内容を分析することはできませんが、
2軍に戻ってしまってしばらくは顔を見れませんので、少し細かく見てみましょう。

aizawa_2.jpg

相沢はストレート主体で、あとはスライダーと、一球だけカットボールを投げています。
ストレートは、だいたい130km/h台後半にいくかどうか、という感じなので、
もう少し変化球を有効に使えたほうが、効果的な投球ができるような気がします。
ストレートにボールが多いのも少し気になりますが……これはたまたまかもしれませんね。
一度は一軍マウンドで先発も任された、期待されている投手ですので、
またしっかり調整して戻ってきて、活躍してほしいですね。


というわけで、以上、9連戦中のリリーフ陣の分析でした。
リリーフ陣は、一日の登板イニング数が短いこともあり、
ときには大事な場面でガツンと打たれて救援失敗、ということも避けられないと思います。
大切なのは、そういう大事な場面で打たれたか抑えたか、ということよりも、
まずはきちんと頭数を揃えて、各々の負担を分散して疲労を抑え、
結果として失点確率を下げていく、ということのように思います。

もうすぐ新戦力チューク投手(発音は「チュ」で最終決定でいいんですかね?)が来ますが、
彼も交えて、しっかり中継ぎ、抑えのローテーションを計画し、
一部の人に負担がかかりすぎないようにしてほしいと思います。

リリーフ陣は、一度打たれるとそのイメージが強く残って、なかなか次に使いにくくなりますが、
好投していたときのデータもあわせて、長い目で「正当に」評価してあげてほしいですね。
(長い目で……といっても、ここでは、将来性を見込んで云々、という話ではなくて、
 長期間のデータを見てほしい、ということです)


さて、明日から待ちに待った公式戦再開ですが、先発は……篠田?なのかな?
中5日で、前回もそれほどいい内容ではなかったように思いますが……
まあ投げるとなったら、好投を期待したいですが、疲労がたまらないよう、注意してほしいですね。

では、今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ランキング参加中です、またクリックいただけるとありがたいです。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
  1. 2010/07/26(月) 00:04:00|
  2. リリーフ陣分析
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カープのリリーフ陣分析(2):9連戦でのベイル、大島、梅津の投球

こんにちは、カープファン学生です。

さて、カープリリーフ陣の9連戦の振り返るこの企画ですが、
今日はベイル、大島、梅津の3投手を見ていくことにしましょう。

まずはベイルの投球から見ていきましょう。

bale_1.jpg

ベイルは一時期抑えとして投げていましたが、
この9連戦では基本的に中継ぎ陣の一角を担っていました。
5試合4イニングに登板して56球(毎イニング平均14球)、
打者ひとりあたりでは3.5球で、そこそこの3939ペースでした。

自責点2なので、防御率は4.50でした。
今季通算防御率が4.44なので、奇しくも同じような数値になりました。
投球内容を詳しく見てみましょう。

bale__2.jpg

平均140km/h弱のストレートが7割を占め、あとの3割で、
チェンジアップ、カーブ、スライダーを少しずつ投げる、という感じです。

ボールが全体の35%で、まあまあの数字です。
ストライクは、カウント寄与のファールを入れても36%とあまり高くないですが、
その分打たせて取るピッチングになっていて、18%が凡打になっています。

ストレートがほとんどで変化球は少なく、でもそのストレートはそんなに速いわけでもない、
ということで、なんとなくストレートの被安打が多そうな気がしますが、
被安打はストレートのうちわずかに5%(2球)で、むしろ凡打が16%(6球)あります。
相当コントロールがよかったのか、変化球を(ほとんど投げてないながら)うまく使ったのか……。
まあ、50球程度しか投げてないので、たまたまそうだった、という可能性も高いです。


では次に、大島を見てみましょう。

oshima_1.jpg

登板試合数は4で、ベイルより少なかったのですが、
イニング数は52/3、球数も95と、かなり投げています。
毎イニング平均17球、打者ひとりあたり4球で、3939ペースというほどではないですね。
自責点は1なので、防御率は1.59とがんばりました!
プロ初セーブも獲得しています。おめでとうございます~。

それでは投球内容を見てみましょう。

oshima_2.jpg

大島も140km/h前後のストレートを軸に、スライダー、チェンジアップ、カーブを投げますが、
こちらはストレートの割合が39%と低く、スライダーとチェンジアップを3割ずつ投げています。

全体的に、ボールが少し多いかなという感じです(全投球の39%)。四球も4つあります。
球種別でも、ストレートとスライダーは4割近くがボールになっています。
ちょっと制球に難ありのタイプなのでしょうか?

一方、チェンジアップは、ボールは33%で、それほど高くありません。
またチェンジアップのうち、凡打になったのが15%(4球)と、なかなかいい数字です。
チェンジアップはコントロールがよかった、ということでしょうか。

せめてストレートかスライダー、どちらかの制球が何とかなれば、
チェンジアップと混ぜることで打者を惑わせて、その結果、
もっと四球を減らして3939ピッチングができそうな気もします。


それでは、最後に梅津を見てみましょう。

umetsu_1.jpg

梅津は4試合に登板しましたが、今シーズン、特に前半戦のなかばから、
ワンポイントでの登板が増えたので、合計イニング数は2と少ないです。
22球投げたので、毎イニング平均11球、打者ひとりあたり3.1球です。
自責点1なので、9連戦の防御率は4.50でした。

投球内容を見てみましょう。

umetsu_2.jpg

梅津も大島と同様、ストレートの割合を4割程度に抑え、あとは変化球です。
スライダーが36%と高く、あとはシュートが23%でした。

大島とは反対に、ボールが23%と極端に少ないです。
普段は、ボール割合が少ないとカープファン学生は喜ぶのですが、
ワンポイント登板の場合は、「四球=ワンポイント失敗」という評価になるでしょうから、
四球を出さないようにストライクを増やしていた結果、ボールが少なくなった、
という邪推をしてしまうので、あまり素直には喜べない感じです。

ワンポイントであたるのは右の強打者のケースが多いでしょうから、
ストライクが多いと、その分被安打(特に長打)の可能性が増えるわけで……。
22球しか投げてないのでなんともいえませんが、実際、梅津の失点は本塁打によるものです。


というわけで、以上、ベイル、大島、梅津についての9連戦投球分析でした。
この3人は、9連戦よりは、その前にもっと集中して投げていた印象があるので、
そのうち、前半戦全体での投球分析もやってみたいような気もします。
(さすがに時間がかかりそうなので、シーズン終わってから、かな?)

27日からまた公式戦が再開するわけですが、それまでに、
前半戦すべての疲労を落とす気持ちでじっくり休養して、後半戦もがんばってもらいたいですね!!

では、今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です、またクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

  1. 2010/07/25(日) 23:40:00|
  2. リリーフ陣分析
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ


ブログランキングに参加しています。
クリックいただけるとありがたいです。 ↓
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

プロフィール

カープファン学生

Author:カープファン学生
大学で統計学を勉強しているので、それを使って、カープや楽天の選手のデータを眺めたりしていきたいです。

自分の備忘録もかねて、授業で習った内容を野球に応用して書いてみる、ということもやってみれたら面白いかなあと思っています(できる範囲で・・・)。

アメリカに住んでいるので、日本の野球はリアルタイムではなかなか見られませんが、試合の記録などを書きとめていければと思っています。

そんなカープファン学生をよろしくお願いします。コメント大歓迎です。

twitterを始めてみました。カープファン学生(carpfangakusei)です。こちらもよろしくお願いします!

カテゴリ

試合記録目次(2011) (1)
試合記録目次(2010) (1)
試合記録 (253)
先発:福井投手 (18)
先発:バリントン投手 (31)
先発:前田健太投手 (49)
先発:スタルツ投手 (12)
先発:ジオ投手 (20)
先発:篠田投手 (24)
先発:斉藤投手 (15)
先発:ソリアーノ投手 (8)
先発:今井投手 (15)
先発:大竹投手 (24)
先発:中田投手 (5)
先発:今村投手 (9)
先発:野村投手 (20)
先発:戸田投手 (1)
先発:中崎投手 (1)
分析 (23)
統計分析入門 (4)
得点力分析 (9)
マエケンも人の子? (2)
リリーフ陣分析 (7)
カープ (40)
その他 (13)
未分類 (18)
他球団の投手も見てみよう (9)
2010.CSを少し見てみよう (7)
就職活動 (1)
フランス (2)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

powered by プロ野球Freak
powered by プロ野球Freak
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。